2018年ドラマ

ネタバレ注意!リーガルV第3話のあらすじと感想について

投稿日:

主人公の小鳥遊翔子は元弁護士です。ある問題の影響で、彼女は弁護士資格を失ってしまいました。しかし、彼女は新たに弁護士事務所を立ち上げようとします。そこで訳有りの人材を集め、何とか弁護士事務所を設立しました。

彼女は管理人として、なぜか弁護士事務所で寝泊りをするようになります。立場的には一番下なのですが、どう見てもパワハラとしか思えないような態度や発言が多く、同事務所のメンバーも困惑気味です。

そんな彼女ですが、弁護士資格は無くても、裏で確証できる証拠を掴み、敏腕元弁護士の実力を見せています。

「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子」第3話のあらすじ

無実を訴える容疑者の弁護を引き受ける

山中で妻の命を奪った疑いが持たれている夫が容疑者に挙げられました。ネット上に夫が犯人の写真が載ったことで、その可能性が限りなく高くなってしまいました。しかし、容疑者は無実を訴え続けていますが、その証拠となるものがなければ有罪はほぼ確定です。

世間的にも話題となっている事件だということもあり、ヤメ検弁護士の大鷹が容疑者の弁護を引き受けます。彼らは証拠集めに奮闘します。

容疑者の無実を晴らすために

そこで、容疑者がその時間に新宿に居たことを証明するためにはその証人が必要です。彼は新宿で恩師の蟹江先生と会釈をしたことを思い出します。小鳥遊と大鷹は蟹江先生を訪ね、直接確認しますが会った覚えがないとの返事でした。

実は蟹江先生は同僚の教師と浮気をして、そのことを公にはしたくはなかったのです。しかし、最終的には蟹江先生の嘘がバレてしまい、容疑者の夫は無事に無罪が確定しました。実はネット上に夫が犯人だという嘘の写真を載せた男が真犯人でした。

「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子」第3話を見た感想

小鳥遊翔子は証拠のカギを掴んでいる

今回は容疑者の恩師の蟹江先生が事実を話したことで、無事に容疑者は無実だということを証明することができました。蟹江先生が事実を話すことができたのは奥さんの言葉があったからだと思います。

奥さんや浮気相手を法廷に呼んだのは小鳥遊でした。もし、この2人の証言が無ければ、容疑者は無実の罪を被らなければいけなかったでしょう。

裏での働きがスゴイ

小鳥遊翔子は裏ではいつもキッチリ仕事をしています。表面上ではいつもちゃらんぽらんで遊んでいるように見えますが、それは仮の姿なのかもしれません。このギャップがこのドラマの面白いところの一つだと思います。

まとめ

今後も小鳥遊翔子は自由奔放な感じで周りを振り回していくことでしょう。しかし、仕事はきっちり行い、誰よりも有能です。

立場の弱い人たちが泣き寝入りをしないで済むような弁護をこれからも続けていくのでしょう。

小鳥遊翔子や同事務所のメンバー、そしてライバル的存在の大手弁護士事務所との問題など、今後も見どころが満載です。

-2018年ドラマ

Copyright© 【2019年最新】おすすめのVOD11社を完全比較! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.