人気の動画配信サービス

dTVの評判は?配信作品数の多さには理由があった

更新日:

dTV

数ある動画配信サービスいったい何を選んだらいいかわかりませんよね。利用するにあたってはメリット、デメリットも含め知りたいかと思います。

ここでは人気動画配信サービスdTVの評判をメリット、デメリットも含めてみていきます。登録方法や解約方法も併せて解説しておりますので、登録を検討している方も是非最後まで見ていってくださいね。

dTVの特徴 低価格で豊富な作品数

dTVはドコモが提供する動画配信サービスです。2014年までは、ドコモ利用者限定のサービスでしたが、キャリアフリー化に伴い、一般ユーザーも登録することができるようになりました。

12万作品以上ともいわれる豊富な作品、安い月額利用料金という特徴を持ったサービスです。動画は全てダウンロード可能。スマホやタブレットでも家でダウンロードしておけば通信容量を気にせず楽しめます。

dTVの基本料金 月額500円で利用可能

dTVの月額基本料金は税抜き500円(税込み540円)。これは国内動画配信サービス屈指の安さで、プライムビデオを提供している、アマゾンプライムの年額3900円を除けば現時点で最安値です。

12万作品がこれで見放題というわけではありませんが、同じような方式をとる、U-nextが月額1990円、見放題サービスであるHuluが933円であることを考えれば、その価格の安さがわかっていただけるでしょう。

dTVの評判

さて、大まかな特徴を見てきました。こんなdTVの評判、一言で言えば癖のある動画配信サービスということができます。

これからメリット、デメリットを踏まえて詳しく説明していきますが、使いづらさが多少ある反面、利用用途によっては非常にお得なサービスなのです。

dTVのデメリット

デメリットは以下の3つの点があります

  • 会員ランク方式がめんどくさい
  • 12万作品といってもドラマや映画が多いわけではない
  • 配信作品が古い

面倒な会員ランク方式

dTVは利用期間に応じて会員に以下4つのランクが決められています。

  1. ブロンズ(お試し期間会員)
  2. シルバー(有料会員になったら)
  3. ゴールド(有料会員になって2か月目の1日から)
  4. プラチナ(有料会員になって半年後の1日から)

このランクに応じて、見ることのできる作品数に制限が設けられているのです。完全に制限がなくなるプラチナ会員になるには半年間利用する必要があり、この手間から、お試し期間中に解約してしまう人も多いようです。

12万作品野中には音楽作品や漫画も含まれている

dTVの配信作品数12万、これだけ見れば非常に多い数字です。Huluは5万作品程度、Amazonプライムビデオも同程度です。実に倍ほどの作品数を誇ります。

ただ、1点注意していただきたいことがあります。HuluやAmazonプライムビデオの作品は基本ドラマや映画、ドキュメンタリーなどの作品がほとんどです。

ですが、dTVの場合作品にはドラマやアニメ、映画以外に漫画、そしてミュージックビデオカラオケなどが含まれています。特に音楽作品には力を入れており、現時点で12万作品の半数以上が音楽関連作品です。

映画やアニメ、ドラマなどだと他の例えばU-nextなどを利用したほうが良いでしょう。

dTVは配信作品が古い ウォーキング・デッドはシーズン7まで

また、配信作品が他の動画配信サービスと比較して古いという声も多く聞かれます。

直近でいえば人気ドラマ作品ウォーキング・デッドはシーズン7までしか見られない他映画も、ミッションインポッシブルの往年の名作、やスタウォーズ最新作である「スターウォーズ最後のジェダイ」など、話題作はあるものの、2018年以降の最新作は7月現在ではほとんど配信されていません。

質の高い作品は配信されていますが、最新作を楽しみたい方にとっては物足りない内容でしょう。

dTVのメリット

デメリットをご紹介してきましたが、評判や配信作品、特徴を見るとdTVにしかないメリットもあります。

それは大きく分けて以下の3つです

  • Avexと提携を結ぶことによって実現した豊富な音楽作品
  • 他の動画配信サービスでは扱っていない往年の名作多数配信中
  • 低価格

豊富な音楽作品

dTVは大手音楽事務所Avexと提携を結ぶことによって、日本の動画配信サービス一の音楽関連作品の豊富さを誇ります。ミュージックビデオから、ライブ作品、カラオケまで扱っており、幅広いニーズにこたえているのです。

往年の名作を多数扱う

また、先ほどデメリットとして扱っている作品が古いと書きました。ですが、「禁じられた遊び」「風と共に去りぬ」等他の動画配信サービスでは扱っていない往年の名作を複数扱っています。

最新作を手軽に見たいという場合にはやはり海外を母体としたHuluやNetflix、Amazonなどのサービスが強いですが、dTVも独自の路線を打ち出しているのです。

税込み540円の低価格

利用料金の安さもまた、魅力の一つ。都度課金が必要な作品もありますが、それでも基本料金540円は安いでしょう。現時点では国内動画配信サービスでは最安値級です。

先ほども説明したように、音楽関連作品や比較的年代の古い作品に強みがあるなど、独特の癖がありますが、使い方によっては便利なサービスといえます。

dTV登録方法

さて、ここまではdTVの特徴や評判に関して詳しく見てきました。次に実際に登録する手順を見ていきます。

1.dTVにアクセス、「31日間無料おためし」をクリック

1-1. 再度31日間無料おためしをクリック

2.dアカウントを作成

ここではドコモのケータイ回線を持っていない方向けに解説していきます。まずは「ドコモのケータイ回線をお持ちでないお客様」をクリックしましょう。

2-2. 必要な情報を入力

3.支払いに必要なクレジットカード情報を入力

4.最後に申し込みを完了するをクリック

クレジットカード情報を入力したら、利用規約、注意事項を確認の上、チェックを入れ、最後に「申し込みを完了する」をクリックすれば登録完了です。

dTV解約方法

せっかく利用しても実際のところ使い勝手が悪いなんてこともあるでしょう。最後に解約する方法を見ていきます。

1.アカウントから「退会」タブをクリック

2.画面をした前スクロール「利用規約に同意して解約」をクリック

退会をクリックするとキャンペーン情報が表示されますが、それをいったん無視しして、下までスクロールすると上のような画面になります。

「利用規約に同意し、解約する」をクリックしましょう。

これで退会完了です。dTVでは31日間お試し期間がありますので、その期間であれば退会も無料です。動画配信サービスの中には解約手続きが複雑なものも多いですが、dTVは非常に簡単に解約できてしまいます。

まとめ 気になる作品があるなら、登録しておいて損はないかも

dTV、これまでご説明してきたように、作品が古い、ドラマや映画、アニメ等よりも音楽関連作品が多い、閲覧制限付きの会員ランク制度があるなどかなり癖の強い動画配信サービスといえます。

ただ、古い作品には他の動画配信サービスでは視聴ができない、往年の名作があるのも事実ですし、音楽関連作品の配信数は現時点で国内動画配信サービスの中ではナンバーワンです。

全ての作品は基本ダウンロード可能で、少ないものの最大で4Kの画質にも対応しています。例えばAvex関連アーティストが好き、などニーズに合えば非常に便利です。価格も540円からと安く、とりあえず解説しておいてもそれほど懐具合には問題ないでしょう。

現在ではあれば31日間のお試し期間も用意されています。この期間であれば無料で利用できるので、とりあえず試しに、という利用方法も悪くはないでしょう。

-人気の動画配信サービス

Copyright© 【2019年最新】おすすめのVOD11社を完全比較! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.